求人情報

日帰り白内障手術

白内障の手術検査

白内障の手術検査

白内障の手術を受ける前には、手術が問題なく行えるかを調べ、目に合う眼内レンズを選ぶために、様々な検査を行います。眼内レンズはある程度ピントが固定されるので、手術前によく相談して、患者さんのライフスタイルに合った度数を選びます。

白内障の手術検査

※水晶体の濁りが進行している場合は、網膜の電気的検査、超音波検査なども行います。

日帰り白内障手術

日帰り白内障手術

患者さんの全身状態や手術後の通院に問題がなければ日帰り手術も可能です。

日帰り手術はいくつかの条件があります。

日帰り手術を受ける患者さんは、

日帰り白内障手術

などが条件となります(病院によって条件は異なります)。

白内障の手術

白内障の手術

現在、白内障の手術は主に、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(超音波水晶体乳化吸引術)、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れるという方法で行われています。白内障が進行して核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出すこともあります(水晶体嚢外摘出術)。

手術は局所麻酔で行います。手術時間は目の状態により異なります。

目の手術というと怖いイメージがありますが、白内障の手術は進歩し、材質のよい眼内レンズも開発されているので安心して手術を受けてください。

眼内レンズ

眼内レンズ

レンズは直径6mm程で、後嚢に固定するためにループがついています。眼内レンズをいったん挿入すれば、取り替える必要はありません。

白内障手術後の経過と養生

  • 手術直後は目が充血することがあります。
  • また、目がゴロゴロする、涙がでる、目がかすむなどの症状がでることもありますが、これらの症状は数日から1~2週間で治まります。
  • 手術後1~3ヵ月は、手術で起きた炎症を抑え、感染を防ぐために医師の指示どおりに点眼薬を使用します。
  • 術後の見え方で、色調の違和感やまぶしさを感じることがあります。
  • 色調の違和感は次第に慣れていきますがまぶしさが続くようであれば、症状を緩和させるために色つきの眼鏡の使ってもかまいません。仕事への復帰は、患者さんの全身状態や仕事の種類などによって違ってきます。手術後しばらくの間は、定期検診を受けましょう。
  • 眼内レンズにはピントを合わせる調節力がないので、眼鏡が必要になります。手術後2~3ヵ月頃には視力が回復し安定してくるので、この時期に自分の視力に合った眼鏡をつくります。

後発白内障レーザー治療

白内障手術後、数ヵ月~数年して、また「まぶしくなる」、「目がかすむ」ことがあります。
これは、「後発白内障」といわれるもので、手術の際に残しておいた水晶体の後面の膜(後嚢)が濁ってくるために起こります。

後発白内障は、レーザーを使って簡単に濁りを取ることができます。視力はすぐに回復し、入院の必要もありません。

当院の手術実績はこちら