求人情報

白内障とは

白内障とは

人の目はよくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
水晶体は直径9mm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜に包まれています。

水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質と水分から構成され、「皮質」と「核」に分かれています。 

正常な水晶体は透明で、光をよく通します。
しかし、様々な原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。

水晶体が濁ると、光がうまく通過できなかったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

白内障の原因

白内障の原因

白内障は様々な原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるもので、これが「加齢性白内障」と呼ばれるものです。

個人差はありますが、誰でも年を取るにつれ、水晶体は濁ってきます。「加齢性白内障」は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。
しかし、最近ではアトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。

その他、母親の胎内での風疹への感染などが原因で生まれつき白内障になるケースや、目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合などもあります。

白内障の症状

白内障の症状

白内障は目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。

水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状はさまざまです。

主な症状としては、「目がかすむ」といったものですが、次のような症状があれば白内障の疑いがあります。また、白内障だけでは痛みや充血はありません。

白内障の症状

水晶体の濁り方と症状

水晶体の濁り方はひとりひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁りが始まることが多く、中心部(核)が透明であれば視力は低下しません。濁りが中心部に広がると、「まぶしくなる」、「目がかすむ」ようになります。中心部(核)から濁り始めると、「一時的に近くが見えやすくなる」ことがあり、その後「目がかすむ」ようになります。

白内障の治療

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬により、白内障の進行を遅らせます。これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状の改善や、視力を回復させることはできません。

白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、手術を行います。白内障以外の病気がある場合は、手術方法を工夫したり、全身状態をみて手術の時期を決めます。

こんな時は手術を考えましょう

こんな時は手術を考えましょう
詳しい日帰り白内障手術はこちら
お気軽にご相談・お問合せください