求人情報

院内・設備紹介

院内紹介

受付

受付

明るく広々とした受付です。

待合室

待合室

患者さんがリラックスできるような明るい雰囲気です。

手術準備室

手術準備室

手術患者さま一人一人がゆったり過ごしていただけるよう全室個室でご用意しています。
手術前の点眼や着替え、休憩いただくスペースとしてご家族も一緒にご利用いただいております。

設備紹介

超広角走査レーザー検眼鏡OPTOS200TX

超広角走査レーザー検眼鏡OPTOS200TX

従来の眼底カメラは30°程度の画角でしたが、200度の画角撮影できるようになりました。
網膜の80%の領域を網羅して撮影できることにより眼底の観察・記録・診断がしやすくなります。

眼科用レーザ光凝固装置PASCAL(TOPCON社製)

眼科用レーザ光凝固装置PASCAL(TOPCON社製)

糖尿病網膜症や網膜中心静脈分枝閉塞症などの網膜レーザー治療に使用します。
従来のレーザー光凝固に比べて、短時間に多数のスポット照射が可能になりました。
そのため照射時の痛みを軽減、照射時間の短縮できます。
何より、患者さまに痛がられない、のがメリットです。

白内障手術機器 AMO社 WHITESTAR SIGNATURE

白内障手術機器 AMO社 WHITESTAR SIGNATURE

最新鋭の超音波白内障手術機器を導入しました。
ベンチュリーポンプとペリスタルティックポンプの、二つのシステムを内蔵するデュアルポンプパックによって、より患者様に負担が少なく安全で確実な手術を行う事が可能になりました。

光干渉断層計(OCT)

光干渉断層計(OCT) 

OCTとは、主に網膜の構造を精密に検査するために開発された最新の検査機器です。
これまでの眼底検査に使用されていた眼底カメラとの違いは、眼底カメラが網膜表面の状態を撮影するのに対して、OCTでは網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜の厚さを正確に測定することができ、表面から見てもわからなかった浮腫や神経線維の減少等の網膜の異常が発見できるようになりました。
それによって、緑内障や糖尿病網膜症といった失明につながる眼の病気の正しい診断や治療方針の決定が可能になりました。

IOLマスター

IOLマスター

白内障手術の時には眼球の長さを計測したあと、各人に合わせた眼内レンズの度数をコンピュータで計算します。
この長さが正確に測定されないと、手術後に思ったような見え方にならないので厳密に測定することがとても大事です。
この最新型のIOLマスターはレーザー光線で測定するため0.01mm単位というとても正確に測定することが可能になりました。
また、「検査時に全く痛みが出ない」という特徴がありますので、負担をかけず、正確な診断が可能となります。

お気軽にご相談・お問合せください